カセット金型

カセット金型

2色成型サンプル

歯車など

カメラ関連サンプル

当社の特徴

■38年間にわたる1800例の型設計経験から得た知識と3次元CAD/CAM利用

独自アンダ-カット処理方法等特殊構造(特許取得済)による金型の製作を行い、「高精度短納期」を目指しています。

■ユーロ圏での確かな実績

14年前からドイツ有力自動車電気部品メ-カ-との取引があり、ユ-ロ圏の金型造りの考え方と製造方法についての実績があります。ユーロ圏と日本との違いについて理解し、お互いの長所を取り入れた金型造りを行ってきました。

■独自開発のカセット金型によるコスト削減の提案

ホルダ-部分が単純構造であることに着目し、この部分のみを現地で製作することで大幅なコストカットを実現。その後専用型としても使用されております。

具体例としては自動車用各種スイッチの試作型及び焼入量産型があります。 金型重量が従来の1/10以下と小型軽量化が可能となり、保管スペ-ス及び金型メンテナンス費用と海外移管の際の輸送コストが大幅に低減できました。

製品部分の金型硬度は HRC58~60にも対応しています。

■特殊形状ゲ-ト対応金型

従来のサブマリンゲ-ト、ピンポイントゲ-トに代わるゲ-ト方式で 基本はドイツで考案されたバナナゲ-トを改良した方式です。

形状及び構造については経験に基づき改良を加えました。この分野については更に多数の実績があります。

例として<製品はピンポイントゲ-ト同等で金型構造は2プレ-ト>あるいは<ゲ-ト残の無いサブマリンゲ-ト>が挙げられます。上記に最適な方法です。

■自動車内装部品をはじめとする複雑なアンダーカット処理構造型及び二色成型

インサート金型などのプラスチック精密金型の設計、製作を手掛けております。

スライドが複雑に交差し、スライドの中に更にスライドが有り2~3段動作する等、特殊構造を要求される金型で、最大10箇所を処理した実績があります(自動車のパドルハウジング)

■プラグ成形によるコストダウン方法(特許申請中)

 2色&コ-ド成形の新機構

■インサ-ト成形

インサ-トを一時保持する事で諸問題を解決する <コア-バック方法>を提案します。

一般のコア-バックは動作が単純ですが、当社は特殊カム内蔵構造により、固定側と可動側押えピンを用途に応じ方向とタイミング、更に複数のピンの場合にはそれぞれをランダムに動かす事が可能です。シリンダ-1個で固定側と可動側の押えピンを動作させる構造である為、スプルー長と型厚が従来と変わらない特徴があります。。

この構造を使った <コ-ド特殊成形法、防水コネクタ> 等の提案が出来ます。

■マイクロバイオチップ

溝巾50μ×深40μの製作方法と金型内で組立てる独自方法を開発

■超高速成型機不必要の厚さ0.35mmの薄肉一体形バッテリカバー成形用特殊金型の開発

現在ランナ-レスも開発中です

■3次元CADによる設計

複雑な形状の製品も豊富な経験とアイデアを活かした設計をし、そのデータを基に機械加工いたします。